たるみの予防方法

肌が白女性

目の下のたるみは普段から予防することができます。目の周りのエクササイズや目元にいい食事やケアをすることで美しい目元をキープすることができます。その予防法をいくつか紹介します。

Read More

治療方法

泥のパック

気づいた時には目の下のたるみが酷かった人も、治せないわけではありません。現在では美容外科クリニックなどで、レーザー治療など様々な治療が施されています。その一部を紹介します。

Read More

たるみに効くツボ

肌の乾燥を防ぐ

身体のあらゆるところにツボがあるように、目元の筋肉や疲れを癒すツボもいくつかあります。ツボを刺激することによって目の下のたるみを防ぐ効果があります。普段から意識することでたるみの改善につながります。

Read More

たるみの原因

顔のマッサージを受けている

目の下のたるみの原因にまず老化があげられます。歳を重ねるごとに、目の周りのハリが減少していくため、たるみやすくなります。
加齢によって筋力も衰えて行くので、顔全体の筋肉も下がり、それと一緒に目の下も下がっていきます。
また、年齢を重ねるごとに皮膚も薄くなってしまい、弾力性がなく細胞が膨らんでそのままたるんでくることも要因といえます。

誰もがあたりまえに行なうまばたきもたるみの原因の一つです。一日に何度もまばたきは行なわれますが、開く時と閉じる時でそれぞれ別の筋肉を使っています。
それらの筋肉が衰えることによって目の周りの脂肪を支えることができず、たるんでしまいます。
特に目の下を支える筋肉はかなり薄く、衰えやすいため、一日中パソコンをする仕事などで、まばたきの回数が少なくなることで目の周りの筋肉は衰えてしまいます。
目の下の皮膚は、他の皮膚に比べて3分の1と非常に薄いので、筋肉を衰えさせないように、定期的に目のストレッチをすることが大切です。

いまや、化粧は老若男女問わず誰しもが行なうようになりましたが、その化粧もたるみの原因の1つになります。
特に油分の多い化粧品はたるみやすい傾向にあります。化粧品に含まれる成分の1つにイソパラフィンというものがありますが、これはたるみを促す要因の1つです。
このイソパラフィンは、分子量も小さく、ツヤ出しの効果も強いため、化粧品に多く利用されることがあります。
この成分が人の皮膚細胞にくっついてその重さによって目の下がどんどんさがってきます。
化粧をしっかり落とし、ケアすることは、たるみを防止する効果があるといえます。

日本人は、比較的欧米人に比べると目元のたるみが目立つ傾向にあります。それはアジア系の混血人種であることが要因です。
もともと寒い地域でくらす人種は目の周りも守るため、目元の脂肪も多いですが、その分皮膚も分厚く、たるみが目立ちにくいです。
しかし、日本人は温かい地域の人種も混ざっているため、目の下の皮膚が薄く、たるみが目立ちやすいといえます。
ただ単に化粧や老化だけではない、もともとの体質も目の下のたるみの原因となっています。

美人