治療方法

泥のパック

激しい運動や何らかの外的な要因などもありますが、目の周辺のたるみやクマが生じる多くの原因は加齢によってまぶた周辺の筋肉が減少していき、それによって眼窩脂肪が支えられなくなってせり出すことが原因です。
またせり出した眼窩脂肪は盛り上がりを作るため、そこが影となってクマのように見えます。
これがたるみや皮膚の原因で、その対処法としては最も確実なものがクリニックの美容外科において手術を受けることです。
現在は昔のようにメスを使った切開による手術以外にもメスを使わない手術法もあり、多くのクリニックでは複数の手術法から患者が選ぶことができます。
このため患者側は予算やスケジュール、医師のカウンセリングの助言などから希望する手術法でクマやたるみを解消することができます。

フェイシャルの大きな悩みとなりやすい目の周辺のたるみやクマはクリニックでの美容外科手術によって取り除くことができますが、それ以外の改善法もあります。
クリニックでの手術に比べると効果は限定的ですが、症状が軽いといった理由からそれらを実践する人もいます。
その方法の1つが基礎化粧品などを使って保湿対策を行うことです。
軽度の目元のたるみならば保湿ケアを行うことで改善することがあります。
目元のため基礎化粧品が目に入らないように注意をしつつ、保湿成分入りの化粧品を塗っていきます。
また別の方法として目元のエクササイズも症状が改善することがあります。
まぶたの上げ下げを中心にしたフェイシャルエクササイズで、筋肉の衰えを防ぐため、たるみやクマが改善することがあります。