たるみの予防方法

肌が白女性

加齢などが原因で眼の周りの筋肉が衰えてくると、下瞼の奥にある眼窩脂肪が突出してくることがあります。
これがたるみの原因となり、その突出した眼窩脂肪の盛り上がりによって影が出来るため、クマのように見えます。
この症状の解消は根本的な治療としては美容外科での施術を受けるのが一番即効性があり確実です。
施術を行っているのは医療機関の中でもクリニックが多くなります。
これは入院措置が必要ない施術のためで、通常は施術の種類にもよりますが、ダウンタイムは切開法による施術でも1週間、非切開法による施術ではほとんどありません。
このためクマやたるみの施術は比較的手軽に受けやすい類で、最近ではプチ整形と呼ばれる切開しない施術法の普及もあって美容外科施術の中でも身近なものとなっています。

目の下にできてしまうクマやたるみは審美的にも気になりやすい箇所です。
そのため多くの人が深刻な悩みとして考えがちですが、クマやたるみは現在は比較的簡単に美容外科での施術で改善できます。
また最近では切らずに行える施術であるプチ整形がトレンドとなっており、施術を受けて改善をする人が増えています。
切らない施術には複数の方法があります。
まず1つが下瞼の裏側に小さな穴を開けて、そこから眼窩脂肪を取り出すことでたるみの原因を取り除く「経結膜脱脂法」が有名です。
傷あとが残らない施術であり、また効果も半永久的です。
他の施術方法としてはヒアルロン酸注入やボトックス注入があり、こちらは効果は限定的ですが、安価で行えるプチ整形としてやはり現在のトレンドとなっているたるみ、クマの施術法です。